事故車も故障車も高価買取!

事故車・故障車高価買取!

事故車イメージ

事故車という名前の響きから、軽微な事故を起こしたことがある方がご自身の車が該当すると勘違いされる場合があるのですが、本来は自動車の骨格に被害が及び、フレームなどを修復した車が該当することになりますので、勘違いから修復車にはあたらず一般的な価格で売れるというケースがあります。
当社であれば、事故車・故障車に関わらず高価買取中です!


続いて骨格を修復し、本当の意味での事故車の場合でも買取り査定が可能になるのは、中古車市場では車の部品も取引があるという点が仕組みのポイントとして挙げられます。 通常、故障がある場合にはメーカーより純正品を取り寄せ交換を行うものですが、それより低価格になる修復車の部品の需要は非常に大きく、またメーカーで絶版となったパーツの場合は中古市場でしかパーツが見つかりませんので、事故車に一定の価値を与えているのです。
また国内では中古車として修復歴がある車が再販されることは少ないのですが、一方で海外のマーケットでは修復歴などをまったく気にしないというユーザーも多いため、アジアやアフリカなどを初めとして各国に輸出されているという事情もあります。 このように事故車には様々な販路がありますので、こうした仕組みゆえにプラス価格での高価買取・買い取り査定が可能となるのです。
プラスワンオートでは、東京・千葉関東圏内であれば、出張査定も行っております。

ディーラーに買取を断られてしまった方も諦めないで!

ディーラーに断られてしまっても諦める必要はありません。
当社では「事故車」「故障車」に関わらず高価買取させていただいた実績が御座います。
もちろん、通常の車と同じ値段でというわけにはいきませんが、お客様が廃車手続きをするにも費用がかかりますし、それに比べれば十分にお得だと言えます。
事故車、故障車の高価買取なら、まずは当社にお気軽にご相談下さい!

ディーラーイメージ

板金塗装も受付中!

ワンポイントアドバイスとして、車の状態を綺麗にしておくことも大切です。
たとえば、細かい傷やへこみを修理しておく、車内を綺麗に掃除しておく、車内の臭いを消しておく、こうしたことをしておくだけでも査定の結果はずいぶん変わるものです。 車の状態がよいほど、高価買取・高値で売れる可能性は高くなります。

豆知識

ローン中の事故車を売却する場合に残ったローンはどうなる?

車を購入する際には自動車ローンを利用すると非常に便利で、すぐに使えるお金が少なくても頭金を少なく設定し、数年掛けて返済することで自動車という大きな買い物をすることが出来ます。
車の購入時には全体のおよそ10%ほどの方が分割で支払うという統計もあり、利用する方も多いポピュラーなローンで、主に銀行や信販会社などを始めとする金融機関で様々なサービスがあります。

ただ分割での支払いは便利な一方で注意点があり、とくに信販会社を利用している場合は支払いが終わるまでの期間は自身の所有物とはならず、信販会社側に所有権があることはあまり広く知られていません。
これはお持ちの車検証を見るとよく分かるのですが、所有者の氏名又は名称と記載されている項目を確認してみると、所有者の名義として信販会社の名称が書かれています。

つまり支払いが継続している間は使用者と所有者が別々になるのですが、この点に関しては普段車を使用する分には全く問題が無く、たとえ警察による確認が行われたとしてもなんら問題があるわけではありません。
ただ一つ厄介になるのは車を売却する際にどうするかという点で、特に交通事故を起こし事故車として処分する場合には所有者である信販会社とのやり取りに大きな懸念が生じるのです。

ではローン中の事故車を売却する場合に、手続きや支払い途中の残価はどのように対処すれば良いのでしょうか。
まず始めに重要となるのは、所有権がご自身に無いことから勝手に売却することは出来ず、信販会社に連絡を入れて相談することがポイントになります。

信販会社より承諾が得られれば手続きに入ることが出来ますので、お近くの車工場や買取店などに連絡を入れて信販会社と所有権解除の手続きをしてもらい、車を処分する流れになります。
またその一方でローン中となりますので事故車といえど残価を支払う必要があります。
基本的に手続き以降は分割することができず現金一括清算となりますので、車の処分に掛かる費用とは別に信販会社に支払う分のお金もあらかじめ準備をする必要があります。

査定のお申し込みは今すぐ!!全国対応です!年中無休10:00-19:00 0120-518-901

無料査定・ご相談はこちら

店舗情報

鈑金修理、買取のご相談の際にはぜひご来店ください!

野田、横浜、札幌にて営業中 詳しくは会社概要

  • 越谷店
  • 野田店

ホームページ作成はこちら