故障車の定義と買取相場

故障車の定義って?

故障車の定義

故障車の買取査定は、もちろん一般車よりも査定額が低くなります。
下取から販売までに修理が必要となる為、故障車はディーラー下取りはもちろん、中古車買い取り店の査定でもかなり低く評価されてしまいます。

それでも、思いがけない値段が付く可能性ももちろんございます!


故障車に関して、実は特定の定義は御座いません。
故障車と言っても、エンジンがかからない不動車と呼ばれるものから、エンジンはかかるが、自走することが出来ない状態の車など、
様々です。
そのため、どの部位が故障しているのか?車の状態がどうなのか?自走する事は可能なのか?
等々により、買取金額も変動します。
人気の車種となると、多少の故障が合った場合でも高値で買い取りする業者が多いです。
故障している箇所があるからと諦めて廃車にしてしまう方も少なくないです。
廃車を考えている方は、是非一度お気軽にご連絡下さい!
東京・千葉関東圏内であれば、出張査定サービスも行っております。

故障車の買い取り相場は?

故障車を査定してもらっても、目安になる金額が分からないと相手が提示した買取価格が高いのか低いのか分かりませんよね? 故障車という事もあり、ある程度の金額を提示された場合、その金額に納得してしまいがちですが、実は相場よりも低いというケースが多いです。 そういったことを防ぐためにも故障車を売却する場合、絶対に知っておかないといけないのが買取相場です。

買取相場を把握しておくことによって、買取業者が提示した金額が適切なのかどうかを判断することができるので、故障車だからと安く売却してしまう可能性が低くなります。

また、相場を把握することで提示額が低かった場合、値上げ交渉をスムーズに行えるというメリットもあります。 そのため、故障車を売りに出す前にまずは買取相場をチェックして、現在の価値についてを把握しておきましょう。


板金塗装も承っております!

故障車の買取相場を調べる方法はいくつかありますが、一番正確なのは複数の買い取り業者で査定を依頼するという方法です。
様々な買い取り業者から入手した査定額を比較することによって、故障車でもどの程度の金額で買い取りしてもらえるのかが分かってきます。
ただ、1、2社だけでは比較対象が少なすぎるので、最低でも5社以上に査定の申し込みをした方が良いでしょう。
比較対象が多ければ多いほどより正確な買取相場を導き出すことができるので、多い人だと10社くらいに査定を依頼しています。

自分で出来る車の故障診断

車が故障したかもしれない、こんな時は症状から車の状態を診断することが大切です。
とはいえ、車のプロではない私達にとってこれは難しいことのように感じます。ですが、決してそんなことはありません。
普段その車に乗っているからこそ解ることもあるのです。

車に異常が発生した時、その多くは音によって診断をすることができます。
いつもと違う音がする場合には故障していると考えられます。車を運転する時には常に音に気を配りましょう。
もちろん、音といってもさまざまです。
たとえば、エンジンをかけるとキュルキュルと音がする場合、エンジン関係の故障が考えられるのですが特にエンジンベルトを疑う必要があります。 ベルトが緩んでしまっている可能性があるからです。
同じエンジンの故障であってもカチカチといった音がする場合にはバルブクリアランスに原因があると考えられますし、ガラガラと乾いた音がする場合は油圧タペットの異常かもしれません。

このように、音というのは故障を診断する時の重要な要素となるのです。
いつ、どこから、どんな音がするのか、これを判断するだけでも車のどこが故障しているのかを診断できるようになります。
自分で対処出来る方なら問題無いですが、業者へ持っていくと、修理代金が大きくかかってしまう場合もある為、急遽売却を検討する。
という方は是非一度弊社までご相談下さい。
動かなくなってしまった車・故障車も、東京・千葉関東圏内であれば、出張査定サービスをご利用いただけます!

査定のお申し込みは今すぐ!!全国対応です!年中無休10:00-19:00 0120-518-901

無料査定・ご相談はこちら

店舗情報

鈑金修理、買取のご相談の際にはぜひご来店ください!

野田、札幌にて営業中 詳しくは会社概要

  • 野田店
  • 野田店
  • ライン査定

ホームページ作成はこちら